一般社団法人 軽金属学会

  • お問い合わせ
  • English

LPSO/MFS構造材料研究部会

部会名称

LPSO/MFS構造材料研究部会

部会長

熊本大学先進マグネシウム国際研究センター  河村 能人

研究の要旨

 我が国で開発されたLPSO型Mg合金の強化相であるLPSO相は、硬質層と軟質層が周期的に積層した構造を持ち、キンク強化される。最近、その積層が周期性を持たなくても、キンク強化されることが明らかにされた。このような層状構造を「ミルフィーユ構造(MFS構造)」と定義した。MFS構造は、Mg合金のみならずAl合金やTi合金においても形成される可能性が高く、軽金属材料に革新をもたらすことが期待される。
 そこで、軽金属材料を中心にLPSO構造やMFS構造を持つ新物質の創製を試みるとともに、その構造とキンクの制御により高強度の軽金属材料の創成を試みる。

活動内容

下記の大学等の研究について、持ち回りで年3回の研究会を予定している。
(1)LPSO/MFS構造を持つ軽金属物質の創製を検討する。
(2)LPSO/MFS構造の構造制御を検討する。
(3)LPSO/MFS構造のキンク制御を検討する。
(4)LPSO/MFS構造を持つ高強度軽金属材料の創成を検討する。
(5)LPSO/MFS構造を持つ軽金属材料の製造・加工技術を検討する。
(6)LPSO/MFS構造について世界の研究動向や応用についての情報交換を行う。

活動報告


参加メンバー

大学・旧国立研究機関(含独立行政法人)関係者、アルミニウム・マグネシウムメーカー

研究期間

4年間

開設年月

平成31年4月

運営費

参加企業1社あたり年会費5万円
※大学・旧国立研究機関(含独立行政法人)関係者の参加費は無料
ただし,軽金属学会会員(年会費8,000円)になることを要す

問合・申込先

熊本大学 先進マグネシウム国際研究センター  河村 能人
〒860-8555熊本市中央区黒髪2丁目39番1号
TEL:096-342-3717 FAX:096-324-3717
E-mail:rivervil★gpo.kumamoto-u.ac.jp(送信の際は★を@に)

Contents

SITE MAP PAGE TOP