一般社団法人 軽金属学会

  • お問い合わせ
  • English

新エネルギー向け表面処理研究部会

部会名称

新エネルギー向け表面処理研究部会

部会長

服部 伸郎(株式会社神戸製鋼所)

研究の要旨

 当部会では、産業界から要望の多い新エネルギー分野向けアルミニウム部材の表面処理について調査・研究を行う。新エネルギー分野(太陽光、風力、地熱、シェールガス、メタンハイドレート関連等)向けにアルミニウム部材を適用する際に必要となる表面性能(耐食性、摺動性、耐摩耗性など)の調査を行ない、各種表面処理材の性能を比較評価するとともに、新機能付与の可能性も検討する。用いる表面処理種には環境に配慮した非クロム系下地処理や自己修復機能を有する塗膜等の最新技術も可能な限り織り込む。

活動内容

  1. 新エネルギー分野向けアルミニウム部材に必要とされる表面処理と要求調査
  2. 要求性能に応じた表面処理種と性能の検討
  3. 実表面処理材の性能評価
  4. 技術整理とロードマップ作成

活動報告

参加メンバー

  • 大学・旧国立研究機関(含独立法人)関係者および関連企業研究者

研究期間

4年間

開設年月

平成27年4月

運営費

年会費5万円
※大学・旧国立研究機関(含独立行政法人)関係者の参加費は無料。
ただし,軽金属学会会員(年会費8,000円)になることを要す。

問合・申込先

㈱神戸製鋼所 アルミ板研究部 表面機能材研究室
服部 伸郎
〒321–0912 栃木県真岡市鬼怒ケ丘 15
Tel: 0285–84–4118
Fax: 0285–84–0677
E-mail: hattori.nobuo@kobelco.com

Contents

SITE MAP PAGE TOP