一般社団法人 軽金属学会

  • お問い合わせ
  • English

本会各種賞の概要

【軽金属学会賞】 本賞は軽金属に関する学理又は技術の進歩発展に顕著な貢献をした者に贈る。
【軽金属学会功労賞】 軽金属学会功労賞は、長年にわたり本学会の運営並びに活動に参加し本学会の発展に顕著な貢献をした者に贈る。
【軽金属功績賞】
  1. 軽金属功績賞は、軽金属に関わる学術研究および技術開発に顕著な功績を挙げ、本学会の発展に貢献した者に贈る。
  2. 受賞者は、受賞の年の4月1日現在満年齢46歳以上の者とする。
    ただし、過去に本賞を受けた者は対象としない。
【軽金属躍進賞】
  1. 本賞は軽金属学に関わる学術研究および技術開発の発展に顕著な功績をあげ、軽金属学会における今後の発展が期待される者を顕彰するものである。
  2. 受賞者は受賞の年の4月1日現在において満36才以上45才以下の正会員、学生会員とする。
    ただし、出産、育児により研究を中断するなどの事情がある場合は年齢制限を37才以下に緩和することができる。
【軽金属奨励賞】
  1. 本賞は軽金属の学術または工業に関する独創性、発展性に富む業績をあげ、将来軽金属学会における活躍が期待される新進気鋭の研究者、技術者に贈る。
  2. 前項の業績とは軽金属に関する研究成果の発表、製造技術・新製品の開発並びに発明等とする。
  3. 受賞者は受賞の年の4月1日現在満年令35才以下の正会員、学生会員とする。
    ただし、出産、育児により研究を中断するなどの事情がある場合は年齢制限を37才以下に緩和することができる。
【軽金属論文賞】
  1. 本賞は軽金属に関する学術または工業の進歩発展に寄与する優れた論文を発表した者に贈る。
  2. 前項の論文は軽金属学会誌「軽金属」および本会を経てオリジナル論文として共同刊行誌「Materials Transactions」に掲載されたものに限る。
【軽金属論文新人賞】
  1. 本賞は軽金属に関する学術または技術の進歩発展に寄与する優れた論文を発表した30才以下の若手研究者に贈る。
  2. 前項の論文は軽金属学会誌「軽金属」および本会を経てオリジナル論文として共同刊行誌「Materials Transactions」に掲載されたものに限る。
【小山田記念賞】 本賞は、軽金属の生産ならびに製品に関係したわが国の優れた技術を対象とし、その技術を確立した発明・考案あるいは研究の功績者に贈呈する。
【高橋記念賞】 本賞は軽金属鋳物・ダイカスト製品等の製造並びにこれらに関連ある工業技術の進歩発展に関して功労のあった溶解・鋳造実務経験豊富(約15年以上)な技能職を対象とする。展伸材、二次合金および再生地金等の溶解・鋳造の技能者も対象となります。
【軽金属女性未来賞】
  1. 軽金属女性未来賞は、軽金属分野において学術研究または技術開発に顕著な功績をあげ、将来の活躍が期待される新進気鋭の女性研究者または女性技術者に贈る。
  2. 受賞者は、受賞の年の4月1日現在満年齢47才以下で、大学、公的研究機関または企業に在籍する者、あるいは大学院博士後期課程在学者とする。
    ただし、出産、育児により研究を中断するなどの事情がある場合は年齢制限を47才以下に緩和することができる。
【軽金属希望の星賞】
  1. 軽金属希望の星賞は、軽金属の学業の向上発展を奨励し、軽金属の未来を担う人材の育成を目的として、人格・学業ともに優秀な学生に贈る。
  2. 前項の学生は、大学院修士課程(博士前期課程)、学部学生または高等専門学校専攻科の学生とし、当該年度に修了または卒業する予定の者とする。
【優秀ポスター発表賞】
【優秀英語ポスター発表賞】
春期および秋期大会におけるポスターセッションにおいて優れた発表を行い、今後の発展が期待される者に贈る。対象者は、発表の年の4月1日現在、35歳以下とする。2018年、第135回秋期大会から優れた英語ポスター発表についても同様に贈る。
【軽金属学会企業奨励賞】 軽金属学会企業奨励賞は、各支部における軽金属に関する研究、技術開発、商品開発等において優れた業績を残した維持会員に贈る。

受賞者紹介はこちら

SITE MAP PAGE TOP