一般社団法人 軽金属学会

  • お問い合わせ
  • English

アルミニウムの凝固・微細化・清浄化研究部会

部会名称

アルミニウムの凝固・微細化・清浄化研究部会

部会長

香川高等専門学校 嶋﨑 真一

研究の要旨

 アルミニウム合金の等軸晶化・微細化は鋳造割れ防止、製品の機械的特性や表面処理の外観の改善等に必要である。工業的には、Al-Ti-B 系微細化剤が主に使用さ れており、微細化材中の TiB2 が異質核となり等軸晶化・微細化される。しかし、異質核になる有効粒子は全体の数%であり、他のTiB2は介在物となる。加えて、微細化剤中の TiB2 は凝集しやすい性質があり、分布形態によっては品質に悪影響を及ぼす。そのため用途の厳しい品種については、様々な手法で TiB2 を除去している。
 本部会では、アルミニウムおよびアルミニウム合金の凝固組織の等軸晶化・微細化に関する改めての検討を通じて、微細化に寄与せずに介在物化する TiB2 のメカニズム解明を行うととともに、介在物除去研究も行う事で、より高品質なアルミニウムおよびアルニウム合金の製造に寄与する研究を行う。

活動内容

  1. 微細化機構の基盤的な理解(凝固メカニズム、異質核生成など)
  2. 微細化に寄与せずに介在物化する TiB2のメカニズム解明
  3. 介在物とならない微細化剤の可能性検討
  4. 組織予測シミュレーションで利用可能なモデルの構築
  5. 介在物除去研究(気泡付着・フラックス処理・フィルタ)

活動報告

参加メンバー

  • 大学・公的研究機関(独立行政法人等)関係者
  • アルミニウム材料の製造メーカ
  • フィルタ材の製造メーカ
  • フラックスの製造メーカ

研究期間

4年間

開設年月

平成27年4月

運営費

参加企業1社あたり年会費20万円
※大学・公的研究機関(独立行政法人等)関係者の参加費は無料。
ただし,軽金属学会会員(年会費8,000円)になることを要す。

問合・申込先

香川高等専門学校 機械電子工学科
嶋﨑 真一
〒761–8058 香川県高松市勅使町 355
Tel: 087–869–3892
Fax: 087–869–3879
E-mail: shimasaki@t.kagawa-nct.ac.jp

Contents

SITE MAP PAGE TOP