一般社団法人 軽金属学会

  • お問い合わせ
  • English

異種金属接合部の腐食挙動予測研究部会

部会名称

異種金属接合部の腐食挙動予測研究部会

部会長

部会長 : 多田 英司(東京工業大学)
副部会長 : 兒島 洋一(㈱UACJ)

研究の要旨

 近年、車両・建材等の構造部材の軽量化が進められており、鋼材の高張力化とともにアルミ部材の使用が促進されつつある。これまで、鋼材の防食を目的とした亜鉛めっきについて、犠牲防食能や腐食劣化寿命の評価がなされてきたが、アルミニウムおよびその合金材の採用によって、鋼/アルミニウム、亜鉛/アルミニウムというように、新たな異種金属接合部が生じるため、これらについて評価する必要がある。そこで、本部会では、下の活動内容に記載した4項目を実施することで新たな異種金属接合部の腐食挙動を予測することを目的とする。

活動内容

  1. 既存の暴露データ、および研究例を検証し、アルミニウムおよびアルミニウム合金 の大気腐食機構について検討する。
  2. アルミニウムおよびその合金と鋼材の異種金属接触腐食を実験的に検討する。
  3. 異種金属接触腐食機構を検討する数値シミュレーション技術を確立する。
  4. アルミニウム合金/鋼材の異種金属接触腐食について世界の動向を調査し、情報交換を行う。

活動報告

参加メンバー

  • 大学 : 多田先生(東京工業大学)
  • 企業 : 岩尾(三菱アルミニウム㈱)、長澤(日本軽金属㈱)、南(昭和電工㈱)、太田(㈱神戸製鋼所)、大谷・兒島(㈱UACJ)

研究期間

4年間

開設年月

平成27年6月

運営費

参加企業1社あたり年会費10万円
※大学・旧国立研究機関(含独立行政法人)関係者の参加費は無料。
ただし,軽金属学会会員(年会費8,000円)になることを要す。

問合・申込先

株式会社 UACJ 技術開発研究所
兒島 洋一
〒366–8511 埼玉県深谷市上野台 1351 番地
Tel: 048–572–1318
Fax: :048–573–4418
E-mail: kojima-yoichi@uacj.co.jp

Contents

SITE MAP PAGE TOP