一般社団法人 軽金属学会

  • お問い合わせ
  • English

中・高温域におけるアルミニウム合金の機械的特性に関する研究部会

部会名称

中・高温域におけるアルミニウム合金の機械的特性に関する研究部会

部会長

岡山大学 上森 武

研究の要旨

 アルミは鉄と比較すると低温(中・高温域)で機械的特性が大きく変化する。それを積極的に利用する(例えば温間成形やホットスタンプ等)ことで、アルミの成形性上の弱点をカバーすることも可能となる。アルミは400℃以上になると極めて変形抵抗が小さくなるが、100-400℃付近の温度における各合金の変形抵抗、特に成形時の高ひずみ速度におけるデータが揃っておらず、シミュレーションの障害となっている。そこで、各種合金におけるこの温度領域での特性をデータベース化し、熱利用成形の普及を図る。

活動内容

  1. 熱利用成形シミュレーションに必要なパラメータの検討をおこない、データ採取の手法(加工方法、温度、ひずみ速度、加熱時間等)を確定する。
  2. データベース化する対象材料を選定し、高温特性データを採取する。
  3. 代表的な材料に関して、実際に熱利用成形を実施し、成形性を評価する。
  4. 採取したデータを使用した熱利用成形シミュレーションを実施し、実際の試験結果と対応させ、実用性を評価する。
  5. データベース集を作成し、発行する。

活動報告

参加メンバー

  • 大学・旧国立研究機関(含独立法人)関係者
  • アルミニウムメーカー
  • 金属加工メーカー(自動車メーカー)

研究期間

4年間

開設年月

平成30年4月

運営費

参加企業1社あたり年会費 20万円
※大学・旧国立研究機関(含独立行政法人)関係者の参加費は無料。
ただし,軽金属学会会員(年会費8,000円)になることを要す。

問合・申込先

岡山大学大学院自然科学研究科 産業創成工学専攻 准教授 上森 武
〒700–8530 岡山市北区津島中 3–1–1 工学部1号館
Tel: 086–251–8033
Fax: 086–251–8266
E-mail: uemori@okayama-u.ac.jp

Contents

SITE MAP PAGE TOP