一般社団法人 軽金属学会

  • お問い合わせ
  • English

汎用型高性能・高信頼性マグネシウム合金研究部会

部会名称

汎用型高性能・高信頼性マグネシウム合金研究部会

部会長

産業技術総合研究所 構造材料研究部門 千野 靖正

研究の要旨

 マグネシウムは実用金属の中で最も軽量であり、優れた比強度を有し、リサイクルも可能なことから、次世代の循環型材料として利用が拡大しつつある。今後、その需要をさらに高めるためには、汎用性の高い合金(資源偏在性の少ない安価な、かつリサイクルが容易な合金)を対象として、その性能・使いやすさを継続的に改善していく必要がある。「汎用型高性能マグネシウム合金研究部会 (2015~2018)」では、上記合金の性能(成形性、リサイクル性等)を改善するための指針を抽出するための活動を実施した。後継部会では、これまでの活動に加えて、構造部材としての信頼性(クリープ特性、耐食性、疲労特性等)や、評価手法の確立などにも焦点を当てる。

活動内容

(1) 汎用型マグネシウム合金の各種性能(成形性、リサイクル性(LCA含む)、疲労特性、クリープ特性、耐食性等)のベンチマーク調査。
(2) 上記性能を改善するための指針(合金設計指針、プロセス設計指針等)の構築。
(3) 上記性能の評価方法に関する情報収集および新規評価方法の検討。評価方法の標準化に向けた問題点の抽出。

活動報告

参加メンバー


研究期間

4年間

開設年月

平成31年4月

運営費

参加企業1社あたり年会費5万円
※大学・公立研究開発法人関係者関係者の参加費は無料
ただし,軽金属学会会員(年会費8,000円)になることを要す

問合・申込先

産業技術総合研究所 構造材料研究部門 千野靖正
 名古屋市守山区下志段味穴ヶ洞2266-98
TEL:052-736-7461 FAX:052-736-7406
E-mail:y-chino★aist.go.jp(送信の際は★を@に)

Contents

SITE MAP PAGE TOP