一般社団法人 軽金属学会

  • お問い合わせ
  • English

高強度アルミニウム合金部会

部会名称

高強度アルミニウム合金部会

部会長

茨城大学工学部機械工学科 倉本繁

研究の要旨

 近年、巨大歪み加工を利用したアルミニウム合金の高強度化の試みがなされており、実験室レベルでは、市販7000系合金、2000系合金の引張強さを1GPa程度まで向上させることが可能となっている。しかし、高強度化のメカニズムは従来の時効析出によるものとは異なるために不明の点が多く、実用化への見通しは立っていない。一方、7000系合金の合金組成を制御することにより、時効析出により高強度化を図る研究も盛んに行われている。これらのアルミニウム合金の高強度化に関する技術を一元的に整理し、実用高強度合金の開発に資する基礎的知見として体系化することが重要であると考える。その第一歩として本部会を新設し、幅広い議論を行いたい。

活動内容

  1. 市販合金の巨大歪み加工(HPT, ARB, MDF, HPS, etc.)による高強度化機構に関して、結晶粒組織、転位組織、析出組織の解析から、高強度化に寄与する金属組織学的因子を検討する。
  2. 合金組成を変化させたAl-Zn-Mg-Cu、Al-Cu-Mg系合金等を用いて、加工および熱処理条件が高強度化に及ぼす影響を系統的に調べる。加工条件については、巨大歪み加工を含む幅広い相当歪み領域を対象とする。
  3. 高強度アルミニウム合金を実用化する際に必要となる、破壊靭性、疲労特性、耐環境脆化特性等について、合金組成やプロセス条件が及ぼす影響について検討する。

活動報告

参加メンバー

  • 大学・旧国立研究機関(含独立法人)関係者
  • アルミニウムメーカーおよびユーザー

研究期間

4年間

開設年月

平成30年6月

運営費

参加企業1社あたり年会費 20万円
※大学・旧国立研究機関(含独立行政法人)関係者の参加費は無料。
ただし,軽金属学会会員(年会費8,000円)になることを要す。

問合・申込先

大阪大学 大学院基礎工学研究科 機能創成専攻 堀川敬太郎
TEL:06-6850-6201
FAX:06-6850-6201
E-mail:horikawa@me.es.osaka-u.ac.jp

 

Contents

SITE MAP PAGE TOP